第12回大会(パートナールール)PT紹介:マーシー

どうも、先日の第12回サークル大会で優勝してようやく結果を残すことが出来たマーシーです。最近記事をあげることが多いですが今回は大会で使ったパーティについて紹介していこうと思います。今回はパートナーポケモンの個体差し替えもあって説明がいつもよりだいぶ長くなっておりますので、そこのところよろしくお願いします。というわけで続きからどうぞ~。
今回結果を残すことになったパーティがこちらです。

bisharp.gif gengar.gif latias.gif
chesnaught.gif rotom-heat.gif azumarill.gif



正直、まとまりきってないですね。特に後ろ3体なんて相性補完のみ考えて突っ込んでます。もともとは「アスキザン軸(やりたいことやる構築)」か「ゲンガキザン軸(勝ちを強く意識した構築)」のどちらかを完成させる予定でしたがどっちもまとまりきらず、挙句の果てに両方混ぜた結果がこのパーティ。大会では勝ちだけを目指すだけの構築よりも、やりたいことをやって勝つ構築を使いたい人なので、なんとかそのラインまでには組めたかと。以下個別に個体紹介↓
パートナーであるキリキザンは後述

latias-mega.gif

ラティアス@ラティアスナイト(NN:ミーティア)
ふゆう 臆病 H156 C100 S252
サイコキネシス シャドーボール めいそう はねやすめ
今大会で一番使いたかったメガ枠。キザンとの並びで相性補完がそこそこ出来てるので、レートで使えない5世代産個体でぜひ使いたかったということで投入。いずれは6世代でも厳選したいところ。型としてはメジャー気味な瞑想積み特殊アタッカー。特殊ガルドなら瞑想1積でシャドボを余裕で受け切る。ただ回復技を切ると使いにくくなるために攻撃技2つをどれにするかが問題なポケモン。今回はメイン一致の超技とガルド意識で一貫性取りやすい霊技を採用。実際かなり使いやすくて大会で活躍させてあげられたので満足。NNは女性の名前でありそうなものを思いつきでつけたが、「流星(meteor)」の意味もあるとか。

gengar-mega.gif

ゲンガー@ゲンガナイト(NN:ダークマター)
ふゆう 臆病 H252 C4 S252
シャドーボール こごえるかぜ おにび みちづれ
大会で勝つために力を借りた存在。パーティで辛いポケモンはすべてこいつにまかせて何とかしようと思ったのが採用理由。特に意識してたのはマンダ、ガブ、ガルーラあたりのポケモン。ゲンガキザン軸で考えてたのは上と同じく相性補完がそこそこ出来てるので、周りを汎用性・対面性能の高いポケモンで固めて押し勝つというイメージだった。が、種族値の暴力だけの構築になりそうだったので途中で考えを投げた。実はこの個体はもともと黒いヘドロを持ったゲンガーだったもの。メガ用に技を組みかえて使ったが、C4振りでも十分な火力を持つ上に耐久が並以上にまで上昇、特性かげふみによるロック性能の高さといい、まさに最強のメガシンカの一体であることを理解させられた。NNは宇宙に存在する暗黒物質。

chesnaught.gif

ブリガロン@ゴツゴツメット(NN:バトルドーム)
ぼうだん 腕白 H252 A4 B252
ドレインパンチ がんせきふうじ やどりぎのタネ ニードルガード
パーティで辛いガッサを主に意識し、かつ物理ガルーラにも強いということで採用。というかぶっちゃけ予選リーグでショウタさんがほぼ間違いなくガッサを使うと思っていたので割と個人メタ枠だが、かるまつのミミロップもメタる結果となった。物理受けがパーティに1匹は欲しかったので結局ちょうど良かった。受けポケを流す意味も込めて今回はやどりぎニーガ型に。使った人はみんな草攻撃技が欲しいって言うが、まさにその通りである。草技ないとマリルリに負けるからね。NNは背中の甲羅の形と特性を見てなんとなくつけたもの。そこまでエキサイティンな活躍をするわけではないが、背中が頼れる謙虚なナイトっていうイメージが強いポケモン。要はメイン盾。

rotom-heat.gif

ロトム(ヒート)@突撃チョッキ(NN:クーロン)
ふゆう 穏やか H252 C236 S20
10万ボルト オーバーヒート ボルトチェンジ めざめるパワー氷
パーティで辛いファイアローやナットレイを意識して投入。対特殊を意識したチョッキヒートム。以前レートでも使っていたがこの型はとても使いやすいので割と信頼してるポケモン。相手が有利対面だと思ったゲッコウガや水ロトムと殴り合える上に特殊ガルドとの殴り合いにも強い。岩技にさえ注意して回せばだいたいの特殊ポケモンとの対面からこちらに有利な流れを作れるのがこいつの強み。今回は相性補完のみ考えて入れてたのでそこまで意識してないが、雑に特殊ポケモンと殴り合うだけでも十分に採用した価値はあったと思う。NNは電荷の単位。物理でよく聞く。

azumarill.gif

マリルリ@こだわりハマチキ(NN:ラビリオン)
ちからもち 意地っ張り H228 A252 S28
たきのぼり アクアジェット じゃれつく ばかぢから
ヒードランが辛いというわけで入れた相性補完枠のポケモン。もとはチョッキ個体で、一応はらだいこも使えるようにとHP偶数調整しておいたが今回はハチマキを持ってもらった。実際はらだいこオボン型のほうが良かったと思う(それなら勝っていた可能性のある試合もあっただけになおさら)。今大会ではあまり活躍するようなこともなかったので説明は割愛。NNは「みずうさぎポケモン」ってことでラビって文字を入れたかった結果こうなった。NN元は聖剣伝説シリーズの敵キャラの名前だが、別に見た目はウサギではない。

キリキザンはNNごとに個体を分けているのでそれぞれ個別に紹介

bisharp shiny

NN:アロンダイト @気合のタスキ (cream・つぼまる戦で使用)
まけんき 意地っ張り H4 A252 S252
はたきおとす ふいうち アイアンヘッド でんじは
自分のなかでは一番基本となる、最低限仕事はする型。今回の大会ではメタを張りにくいor張らない方が動きやすいと思った相手で使用した。先発性能が高く麻痺をまくことで後続を動かしやすくできる。キザンの電磁波を真っ先に考えて行動されることが少ない。はたき、ふいうち、アイヘとキザンとしての機能も十分なので相手依存の読み合いを避けた安全択を選びやすいため非常に使いやすいと思う。大会でも遺憾なくその仕事を全うしてくれた頼れる相棒。ちなみに6世代で国際孵化した個体DU5Vの色個体。NN元はケルト神話の魔剣の名前。のちに「オートクレール」という名前になったとされる説もあるとかなんとか。

bisharp.gif

NN:デスクロー @気合のタスキ (かるまつ戦で使用)
せいしんりょく 意地っ張り H212 A100 B4 D76 S116
ふいうち アイアンヘッド ローキック でんじは
かるまつのパートナーだったミミロップをガンメタするためのタスキ精神力キザン。メガシンカ前は柔軟だがメガシンカ後は麻痺するので相手が猫だましド安定な場面から逆に仕掛ける型。対戦時には初手対面作ったもののヒートロトムに交代されて電磁波を見せたのでばれたか思ったが後半で見事にメガミミロに電磁波を決めることが出来たので満足。それでもプレミして負けかけてたのは内緒。実際、かるまつ戦では急所や10万で麻痺させたりといった運要素にかなり助けられていたので勝ちが安定していたわけではなかった。NNはFF5に出てくるモンスターの名前。最強の技を持ってるやつらの1匹であることで有名(?)かもしれない。

NN:カムシーン @命の珠 (エスター戦で使用)
まけんき 陽気 H68 A188 S252
はたきおとす ふいうち アイアンヘッド ちょうはつ
相手パートナーのタブンネを意識した型。補助型でもメガでもそれなりに相手できるような技構成。選んだ個体は悪くなかったが相手のボルトロスの型を読めずにタブンネと対面する前にやられてしまい、結局その後もボルトにいいように仕事をされてしまう。ボルトを落としてタブンネが出てきたときには相手の積みの基点にされてしまい、鉢巻マリルリでもラティアスでも突破できない状態ができてしまったので降参。1戦目のかるまつとは真逆でことごとく運に見放されて圧倒的なまでに負けてしまった。言い訳すると、ラティアスがボルトの雷で麻痺していなかったらまだわからなかったかもしれない。メタは合っていた以上、キザンを活躍させてあげられず残念だった。NNはSFCのゲーム「ロマンシング サ・ガ 3」に登場する伝説の曲刀の名前。カムシーン(笑)さんのほうが有名だが、あくまでも曲刀から名前をとっている。
カムシーン(笑)さんのことをハリードって呼ぶのやめたげてよぅ!

NN:スラスターX @ラムのみ (ショウタ戦で使用)
まけんき 意地っ張り H252 A252 B4
おいうち ふいうち かわらわり ちょうはつ
ショウタさんのパートナーを見て真っ先に「ニャオバシャガルーラ」が思い浮かんだのでニャオニクス♂絶対殺すマンとして作った個体。ラムのみは欠伸意識で持たせ、機能を止めるための挑発、確実に仕留めるための追い討ち、壁対策の瓦割りまで仕込んだ完全メタ個体。ブリガロンの時にも説明したが、おそらくガッサを使用してくると思ってたのでメタぶっささり。しかし自分の考えてたニャオバシャガルーラではなく別軸の戦術だったのでそこまでガルーラに苦労せずメガゲンガーでみちづれに。その後出てきたガッサの技を見た瞬間にようやく猫の手ニャオだと気付く。結果的には対ガッサのブリガロンと持たせてたラム、挑発のおかげでニャオも突破して無事勝利。頭で考えてたパターン通りの流れで勝つことができてとても嬉しかった一戦だった。NNは特にネタはなく、その時のイメージと語感で命名。なんとなくXって入れたかった。

NN:ギアフリード @ラムのみ (ジーク戦で使用)
まけんき 意地っ張り H212 A252 S44
はたきおとす ふいうち アイアンヘッド ステルスロック
決勝で使った個体。対エンペを意識したかったが逆にエンペの型を読み切ることができなかったので、サイクル戦意識でステロを仕込んだ型。アローを見たときは撒きたかったが初手対面が有利ではなかったので結局撒けずに終了。今回もエンペの欠伸意識のラムだったがミトムの鬼火を回避できていたのでなんやかんや役に立っていた。こいつよりもチョッキヒートムとメガラティアスのほうが活躍していたが相手のアローの型を読み違えて3vs1から1vs1に。相手のブレイブバードを乱数で耐えて返しのはたきおとすでアローを突破し、優勝となった。優勝を決めたのがキザンの一撃だったのは個人的には燃えるものがあった。NN元は遊戯王カードの「鉄の騎士 ギアフリード」。

補足として決勝で瞑想1積メガラティアスがなぜラス1のアローから退いたかというと、削れたヒートムがブレバを耐えないと思っていたこと(実際は耐えれていた)とアローがフレドラを持っていると思ったのが原因。

仮にフレドラを持っていたとすると・・・
☆アス退いてキザン受け出し
→アローのブレバ耐える
→アスorヒートムを受け出ししてフレドラ確認する
→アス・ヒートムどちらも攻撃を耐えないのでアローを倒せるのはキザンのみ
→フレドラに不意打ちを合わせるか、不意打ちすかしのブレバにはたきを合わせるかの択ゲー

といった流れを作る気でいました。終わったときはこのことを一瞬で忘れてたために周りに言われてプレミしてたと思っていたが、こう考えるとプレミとは一概には言えてないかもしれない。という言い訳ですね(一応、上のことを試合中に考えてたのは本当)。

大会ルールのパートナーをキリキザンにした理由、というよりもなぜキリキザンが自分のパートナーであるかというと、とある実況者さんが使っていたのを見た影響と5世代で使っていたラティオスをキザンに華麗に追い討ちされたことを体験したことが原因。個人的には見た目も好きだが、種族値の強さだけがポケモンに響くとは限らないことを追い討ちを食らって痛感した、キリキザンというポケモンにも活躍できる瞬間があるとわかったことが大きかったですね。それ以降は自分の中ではキザンは600準伝より下の中堅の代表格と思っていましたが、6世代に入ってからは鋼技の需要増加、はたきおとす強化、対ガルドで強い、ORASではさらに威嚇の増加で負けん気の需要増加といった面で活躍が見込まれるため自分には普通に使いやすいポケモンとなりました。そういうわけで少しだけ思い入れの強いキザンがパートナーに。まあ、周りの人からはよく「メガカメの人」「メガライボの人」「とびひざルカリオの人」「トルネ狂」「ボルト厳選の闇」などと思われることのほうが多いみたいですが・・・。ちなみに優勝するだけなら間違いなくガブリアスをパートナーにしてますが、冒頭のとおりに「やりたいことをやって勝つ」からこそ楽しいのであり、それをするのが自分の大会での楽しみと思っています。今回は若干強いポケモンを集めた感じがしますが、次回以降はもっとピンポイントな型やマイナーなポケモンで優勝できるような構築を作ってみたいものです。

パートナー愛を語ったせいでここまで長くなってしまいましたが、読んでくださった方々に感謝の気持ちを示してこの辺で〆とさせていただきます。最後に今回の大会の対戦のバトルビデオをあげておきましたので詳しく対戦を見たい方はどうぞ。

バトルビデオ
vs かるまつ (DDYW-WWWW-WWX5-R546)
vs エスター (GKNW-WWWW-WWX5-R5LL)
vs cream (U84G-WWWW-WWX5-R6GB)
vs ショウタ (AEPW-WWWW-WWX5-R6JN)
vs つぼまる (NQJW-WWWW-WWX5-R6P9)
vs ジーク (RKRW-WWWW-WWX5-R6T7)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記事上げお疲れ&優勝おめでとう!
相手のパートナーポケモン見ただけでよくこんなにメタれたな〜

No title

>みくこば
おつありです。今回のメタの張り方は日頃や以前の大会でのその人が使うポケモンと好きな作戦あたりを考えて張った感じかな。あくまで個人から見たその人の癖みたいなものを分析したって感じで。そのせいで1年生は未知数すぎてメタ張りにくかった…。

No title

優勝おめでとー!
対戦相手の好みの戦術を読んだ上でのメタは本当に強いなって思ったし、
こういう戦術は毎回サークルに来てしかもちゃんとポケモンバトルをしているマーシーにしかなしえないことだなって思った(´・ー・)

ダイブツ

優勝おめでとう!!

一戦一戦めんどくさがらずメタ個体を用意したのはさすがだし、結果に結び付いてる

準決勝は色々考えると100%の正解はないと思う。
ただ、あそこで2舞を成功させたジークは神
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR