シーズン7シングルレートPT紹介

どうも、最近アチャモの国際孵化に追われてまともにポケモンの育成が進んでないマーシーです。景品個体は大会終了までに間に合わない可能性がありますが必ず用意はするので安心してください。さて、今回はORAS初のシングルレート環境でレート2000に到達したので記事にしてみました。まあ、2000に乗ったからって自慢できるようなものではないですが一応個人の毎レートの目標がだいたい2000なのでっていうことで。暇潰しがてらにでも見ていただければということで続きからどうぞ~。

今回使用した構築はこちらです。

i_fushigibana.gifi_rapurasu.gifi_hassamu.gifi_raiboruto.gifi_gaburiasu_20150113182934003.gifi_sazandora.gif

①フシギバナ(NN:ヒガンバナ)@フシギバナイト
性格:図太い 特性:しんりょく 努力値:H252 B196 S60
ギガドレイン/ヘドロ爆弾/地震/光合成
採用理由がPT単位で重かったキノガッサへの対策。メガマンダの数が落ち着いてきていたのとPTでメガマンダに対抗できるポケモンを多く入れていえて尚且つ二枚目のメガ枠が余っていたのもあって補完枠としては最適でした。ライボバナの並びはそこそこ優秀。ギガドレ、ヘド爆、光合成までは確定していて今回はナットレイの数が少なかったのでドラン意識で地震を採用。バンギドリュの並びが多かった時期なのもあって物理受け&地震持ちのメガバナはかなり動きやすいものでした。補完枠であるため選出率は少し低めなうえにガッサ用にライボと同時選出したことも。NNは適当につけたもの。赤い花だしね。

②ラプラス(NN:フィグムンド)@突撃チョッキ
性格:控えめ 特性:ちょすい 努力値:H36 B100 C252 D100 S20
ハイドロポンプ/フリーズドライ/絶対零度/氷の礫
レート環境にスイクンが流行していたために対スイクンを意識して投入。というよりもこいつを最初に入れてPT構築をしてできたのが今回のPT。努力値振りは昔の個体で仮想敵をあまり考えてないためにCS以外は適当。こいつをPTに入れておくとまず相手のスイクンは選出されませんでした。テンプレスイクンの技が基本的に、熱湯/瞑想/眠る/吠えるo冷凍ビーム@カゴの実 ということなのでラプラスに全く何もできないわけですね(しかし瞑想されればラプラスもスイクンを落とせないので結局零度頼みに・・・と考えるとスイクンにも分があると思っているんですが、実際に対面したことないからわからないまま)。チョッキを持つと特殊耐久が化け物じみていたためにメガゲンガーと殴り合ったり、クレセポリ2ニンフィアあたりに零度を連打したりと期待以上の活躍をしてました。割とチョッキ零度スイクンみたいな動きを見せていましたがフリドラ持ちなだけあってこいつで見れるポケモンは多かったです。環境に入ってきた蝶舞ギガドレウルガにも対面からなら勝てるうえにこちらのPTがとんボルチェン持ちが3匹いたのもあってよくウルガモスとの対面を作って殴り合ったり、有利対面からの交換読み零度ぶっぱもしていました。零度命中率はおそらく4割5分。NNの由来は聖剣伝説3のボスである水の神獣「フィーグムンド」から。一文字足りてないね。

③ハッサム(NN:デュランダル)@こだわり鉢巻
性格:意地っ張り 特性:テクニシャン 努力値:H252 A252 S4
バレットパンチ/蜻蛉返り/はたきおとす/電光石火
XYのシーズン2シングルレートで使った個体と同じもの。泥棒をはたきおとすに変えたことで交代先への圧力が増す、持ち物がわかる、回復系アイテムを落とすなどの利点が増えました。鉢巻蜻蛉の威力は相変わらず強く、最後にバレパンや石火でスイープできるため、とんボルチェン気味のこのPTではよく選出されました。自分の使うハッサムはだいたい鉢巻持ってる。H実値177個体だが、Sに振って先制蜻蛉するのがあまりアドにならないと思っているのであえてS4振り。S無振りにしてH実値175にして残りBとかでも良さそう。今回のPTでは貴重な物理アタッカー枠だったせいでよく鬼火をもらっていました。

④ライボルト(NN:ライトニング)@ライボルトナイト
性格:臆病 特性:ひらいしん 努力値:H156 C116 S236
10万ボルト/ボルトチェンジ/オーバーヒート/めざめるパワー氷
採用理由が「S135族と威嚇が強い&メガバナ減ったから今の環境なら動きやすい」というもの。努力値は威嚇込で陽気ガブの地震を確定で耐える振り方。実際は耐久振っておくとサイクル戦が安定することとマリルリやアローを対処しやすくなるという理由でこの振り方の個体を使ってます。メガシンカ前が避雷針のために受け出しが効く場面があったり、威嚇をまきながらS135の先制ボルチェンで有利対面を作って受け出ししやすくするという役割で大きくPTに貢献していました。水タイプ+ライボの並びは、やはりメガバナがいないと使いやすい。ちなみに使ってる本人は最速だと勘違いしていた模様。H92振りにしてS252残りCに振り分けたほうが今の環境では使いやすいかも。メガライボはHCSにどれだけ振り分けるかが最大の課題。NNは「閃光」を表す英単語であり、FF13の女主人公の名前。♀個体だったからちょうどよかった。

⑤ガブリアス(NN:クレイドル)@ゴツゴツメット
性格:陽気 特性:さめはだ 努力値:H60 B196 S252
地震/岩石封じ/ステルスロック/毒々
対ガルーラ最終兵器の物理受けガブ。ガブを見て出てくる物理受けの交代先に容赦なく毒をまき、ステロでこちらのPTの得意なサイクル戦に圧力をかけ、岩石封じで後続につなげる。通称「ガブの皮をかぶった別の生き物」。ガブの毒々はあまり読まれないので成功率は高く、さらにバンドリの並びにも強いので物理面に関してはかなり頼れる存在でした。普通の物理受けとの違いはSにあり、メガガルに受け出ししつつ上から殴れるのは強みの一つ。NNに特に深い意味があるわけではなく、容赦ないリバサ昇竜を決めたい天則脳の極みが顕著にNNにあらわれているだけ。NNに容赦なく分かりづらいネタを仕込んでいくのが自分の悪い癖だとは思っている(ただし自重する気も無い)。

⑥サザンドラ(NN:トリシューラ)@こだわりスカーフ
性格:控えめ 特性:ふゆう 努力値:C252 D4 S252
流星群/悪の波導/大文字/蜻蛉返り
テンプレ型のサザンドラ。最初は眼鏡を持たせたかったが、そうするとメガゲンやメガマンダの対処があまりにも不安定になるので結局スカーフ。スカーフと相手にばれていても悪技の一貫性を活かして圧力をかけていけるのがスカーフサザンの強さ(あとひるみも)。個人的には思考停止型に見えるこの型はあまり使いたくなかったが、使ってみるとサザンのスペックの高さがよくわかった。テンプレなだけあって確かに強い。追い風珠サザンなんてものも結構使いやすそうではあると思う。NNは遊戯王のシンクロモンスター、満足龍。色合い的にはウロボロスの方だが、ウロボロスってつけると技を外すっていう先輩からのアドバイスのもとトリシューラに。今シーズンで戦犯になるようなミスをしなかった優秀な個体。というか悪波ひるみの運ゲー畜生と呼ばれても仕方ないレベルの有効ひるみ率をたたき出している(ひるみ率:体感37%・そのうちの有効ひるみ率:体感78%)。

今回のPT構築は独力のものではなく、「スイクンに強いしメガバナがメガマンダに駆逐されてきたし、どっちにも強いラプラス行けるんじゃね?」と言ってジュニアさんと考えた構築です。それで出来上がったPT構成が普通に自分が好きな感じの構築に仕上がったので自分が採用した、という感じですね。試用だったために6V個体じゃなくて使いまわしの5Vの妥協個体が多いPTでしたが・・・。実際に使った感想は、ラプラスが確かに環境に刺さっていて使いやすかったが、駆逐されたと思ってたフシギバナにあたって途端に零度運ゲが始まることも多かったです。見ればわかると思いますが今回のPTはメガバナ対策を思いっきりカットしているので突破方法が零度、悪波ひるみ、めざ炎が無いと祈ってハッサムでなんとかする・・・ぐらいしかありません。メガバナ以外にはバシャーモ、ルカリオ、鉢巻ガブ・・・あたりがつらいポケモンでしょうかね。あとはラム持ちがいないためにクレッフィが天敵に。ただそれ以外のPTには割と安定して立ち回ることが出来たので普通に使いやすいPTでした。

とんボルチェン構築が自分に合っているってのもありますが、実際とんボルチェン構築は有利対面を作りやすく、相手の交代読みがしやすいので最初の対面で有利を取れるとそのアドバンテージを握り続けて勝つ、という先攻逃げ切りみたいな勝ち方が基本となる構築だと思います。受け回すサイクル戦と違って攻撃しながらサイクルを回せるので先に3VS2の有利な形に持っていきやすいという感じですね。そして鉢巻ハッサムや眼鏡ジバコイルなどのようなポケモンでとんボルチェンをすると高火力で殴りつつサイクルを回せるため「相手のサイクルの破壊」と「自分のサイクルの安定」を両立するのがとんボルチェン構築の最大の魅力だと思います。しかしメイン技としてとんボルチェンを使うと火力に少し難があるため、とんボルチェンだけで固めずにちゃんとしたアタッカーも2、3体PTに入れておくことも重要です。これが自分のなかでの「攻めて回すとんボルチェン構築」でしょうか。

少々書きすぎて(?)しまいましたがここら辺で終わりにしようかと思います。シーズン8では2100を目標にまた頑張っていきたいものです。それではここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事上げおつかれ!

ラプラスは環境にささってるね
スイクンはどうしようもないし、メガマンダにもつよい。
つぶてあればメガゲンガーにも相打ち取られない(かもしれない)しいいね。

シーズン8も2000がんばってー!
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR