【トリプル】PCLで使ったPT

どーもショウタです
長い長いPCLもやっと終わりました
今回サークルではシングル・ダブル・トリプル各2人募集しましたが、ダブル、トリプルは1人づつだけで寂しかったですね
来年は希望者が多いといいですね

今回自分はダブル枠でアポロと戦い、勝ったのですがアポロにトリプルを任せるのが不安だったのでトリプル代表として出場しました
結果は3勝6敗と負け越しでしたが、PT自体の完成度は高かったと思うのと、シーズン4が終わってきりがいいので公開します
レートでは最高レート1898で100戦した時点でちょうど70勝30敗でした
ちなみにトリプルシーズン4の2位の人は56勝3敗でした(すごい!)



〈トリプルの感想〉

トリプルバトルでは知っている人も多いかもしれませんが、6対6の総力戦です
右端、中央、左端に3体出して戦います
トリプルならではの仕様として自分の周りにしか攻撃できませんが、飛行技(めざパ、エアカッター、スカイスキンを除く)と波動系の技は端から端まで届きます
光の壁や神秘の守り、ファストガードなどは端で使用しても端まで届きます
特性も基本的に回りだけですが、天候は当然塗り替えでき、おみとおしは全ての持ち物を把握できます
他の細かいことは省略するので興味を持った人はここ(http://blog.livedoor.jp/volcano_hammer/archives/53966226.html)を見てください
ちなみに上のURL先の記事ではよびみずは端では端のものを吸い取れないと書いてあり、基本そうですが、水の波動を打った場合は吸い取られます

さて、今回初めてトリプルに手を出しましたが、実際やってみてこのルールが一番面白かったです
トリプルはダブルの延長線上のものと思われがちですが、自分はダブルとトリプルは別物だと感じました
トリプルは相手も3体いますが、味方も3体いるため立ち回りに余裕ができ、ダブルよりワイドガードや交代、特別なギミック(輪唱や晴れチェリムなど)が容易です
6体いるため不意の急所で1体倒れても巻き返しがし易いため、シングルやダブルなどより運が絡みにくいでしょう
周りが何とかしてくれるためマスコット(ピチューなど)を入れても十分戦えます

まあ、何が言いたいかと言うと、トリプルやりましょう
おもしろいよ!



〈パーティ簡易紹介〉

途中からPT公開が義務づけられたのでいくつかのPTを用意しました
毎週変えるのは育成の時間などもあるため辛かったです
その中の2つを紹介します
ちなみに他の使用PTは別の人の丸パクリでした

α:カメックス、ニンフィア、カポエラー、ナットレイ、ファイアロー、FCボルトロス

ポケモン技1技2技3技4持ち物
カメックス悪の波動波動弾潮吹き猫だまし対応ナイト
ニンフィアハイパーボイス破壊光線手助け守る精霊プレート
カポエラーインファイト猫だましワイドガードフェイントラムの実
ナットレイジャイロボールパワーウィップはたき落す大爆発拘り鉢巻き
ファイアローブレイブバードファストガード横取り守る命の珠
FCボルトロス10万ボルトめざ氷ボルトチェンジ悪の波動拘りスカーフ


β:ガルーラ、ニンフィア、カポエラー、Wロトム、ファイアロー、FCボルトロス

ポケモン技1技2技3技4持ち物
ガルーラ恩返し猫だましけたぐり噛み砕く対応ナイト
ニンフィアハイパーボイス破壊光線手助け守る精霊プレート
カポエラーインファイト猫騙しワイドガードフェイントラムの実
Wロトムハイドロポンプボルトチェンジ鬼火光の壁ゴツゴツメット
ファイアローブレイブバードファストガード横取り守る命の珠
FCボルトロス10万ボルトめざ氷ボルトチェンジ悪の波動拘りスカーフ


見ての通りαβで変更したのは2体だけですが、コンセプトが多少違うので下記をご覧ください



〈PTコンセプトα〉

最初トリプルを始めたとき取りあえずガルーラとニンフィア、カポエラー、ファイアローを使用していました
ガルーラニンフィア、カポニンフィアという並びでガルーラやカポの猫騙しで@眼鏡ニンフィアのハイパーボイスを通すという構築ですね
ガルーラは単体性能が高くカポよりも猫騙しを先に撃て、カポは威嚇とワイガでニンフィアを守りつつフェイントで崩していけます
上位にいくほど眼鏡ニンフィアの対策がされ、ヒードランやギルガルドも増えハイボの一貫性も下がり、カポの威嚇で取り巻きの火力を下げつつワイガで防がれるのでその対策が必要となりました

そんなとき見つけたのがメガカメックスでした
波動系の技を主軸に置くポケモンなので、対角に一方的に攻撃を仕掛けられ、ニンフィアに後出ししてくるヒードランやギルガルドを狙っていきます
だらだらと書きましたが、コンセプトは縦横無尽です(意味不明)
個別解説で詳しく説明します



〈個別解説〉

カメックス
カメックス・雨受け皿 @対応ナイト
進化前:臆病最速、実値H165で端数をBDに振って残りC
進化後:           〃
潮吹き 猫騙し 波動弾 悪の波動

PTの主軸であるメガカメックスです
Cを176まで上げることによりH193D127ヒードランへの乱数が2つ動き、乱数50%になります
重要な点は最速にしたことでヒードランよりも速く動くことができ、また副産物としてカポの猫騙しやワイガより先に猫騙しで妨害できます
猫騙しによるサポートだけでなく潮吹きによる高火力の押し付けや対角の不利なポケモンの処理など柔軟な動きができます
ただ火力も耐久もいまひとつ足らないのが残念ですね
技はサポート用の猫騙し、一致で強力な潮吹きまでは確定でヒードランやバンギラス、キリキザン、ガルーラに有効な波動弾とギルガルド、クレセリア、ニャオニクスに入る悪の波動でしたがこれが1番良かったです



ニンフィア
ニンフィア・フェアリースキン @精霊プレート
控え目 H201でC176あまりS
ハイパーボイス 破壊光線 手助け 守る

1試合で3回喘げればほぼ勝ちが見えてきます
如何にしてハイバを通すかが鍵になり、それを中心に試合を展開させていきます
プレート破壊光線はメガガルーラを確定で倒せ、メガ進化していないクチートを最低乱数切りで消し飛ばします
ワイガがチラついたときや面倒なポケモンを処理するときに撃ちますが、思ったほどデメリットは気になりません
手助けは死期を悟ったときや猫騙しで動きを止められそうなときに撃ちます
手助け+対角への攻撃でニンフィアを倒そうとする邪魔者を消し飛ばします
眼鏡が多かったのでガルーラやファイアローが狙って攻撃をしてくるので、それを防ぐための守るは決まりやすかったです



カポエラー
カポエラー・威嚇 @ラムの実
陽気 HS
インファイト フェイント ワイドガード 猫騙し

トリプルで堂々のKP1位を誇るトリプル界の超人気者のカポエラーです
取りあえず入れておけば何らかの仕事はしてくれます
PTをうまく回すための潤滑油のような存在でいまひとつ足らない物理耐久を補ってくれます
猫騙しによる妨害やワイガでの保護、フェイントによって相手のワイガや守るを割ったり、インファイトでハイボを半減してくる鋼を剋します
ラムなのはドーブル対策であり、たまに鬼火を撃たれたときに役立ちますが、正直腐りやすいです
しかしドーブル対策は必須なので変えられませんでした



ナットレイ
ナットレイ・鉄のトゲ @拘り鉢巻
勇敢HA (最遅)
ジャイロボール パワーウィップ 叩き落とす 大爆発

ガルーラの猫騙し、恩返しやファイアローのブレバがやたらニンフィアにとんできて鬱陶しかったので後出しから受けられて、負荷を掛けられるナットレイを採用しました
鉢巻ジャイロボールはメガガルーラを62.5%で飛ばし、ファイアローも反動+鉄のとげで飛んでいきます
叩き落とすはナットレイに後出ししてくるヒードラン、ギルガルド用でそれなりの火力に期待しつつ面倒なアイテムを無くします
中央に置いて手助け+ワイガで大爆発すると大体飛んでいくので爽快です
手助けをせずとも通常の大爆発でメガガル程度は確定1発です



ファイアロー
ファイアロー・疾風の翼 @命の珠
陽気 AS
ブレイブバード ファストガード 横取り 守る

トリプルで1,2番を争うほど相手にして面倒なポケモンです
アローが場にいるだけでブレバ圏内のポケモンは皆縛られてしまいます
一致の120技を先制で対角まで届けるので当然強いです
ファスガで面倒な猫騙しを防ぎます
横取りはとても優秀な技で相手のファスガ、ワイガはもちろん神秘の守りやリフレクター、追い風なども奪えます
守るがあると場に居座りやすいのと相手の守るを空かせるのであると便利です



ボルトロス霊獣 

FCボルトロス・蓄電 @拘りスカーフ
臆病 CS
10万ボルト ボルトチェンジ めざ氷 悪の波動orフリーフォール

PT全体が何となく遅かったのとリザードンに弱かったので通りの良い電気技を一致で放てるFCボルトロスを採用しました
FCにすることで電気技はもちろん電磁波などを防げるのと火力の底上げのためで化身ではリザードンがほとんど飛びません
スカーフで拘る以上火力がないと辛いですね
またスカーフ持ちではブレバを半減で受けられるのも重要ですね
FCランドの岩雪崩で怯みを期待してくるプレイングにイラっときたので臆病最速です
最速だとスカーフサザンやキュウコンにワンチャン残るので最速安定だと思います
悪波とフリフォは選択でしたが、ダメージ量を期待できる悪波をおすすめします
ちなみに悪波でヒードランの身代わりは割れます



〈総括〉

このPT使用時は1750あたりをウロウロって感じでした
柔軟に立ち回れる一方、火力も耐久もいまひとつだったためギリギリ足りなかったり耐えなかったりという場面が多く、再度練り直すことになりました
ただ、使いやすかったのと使っていて楽しかったのでよかったよかったです



〈パーティコンセプトβ〉

殴って勝つ
柔軟に立ち回ろう



〈個別解説〉

ガルーラ
ガルーラ・肝っ玉 @対応ナイト
陽気 AS
猫騙し 恩返し けたぐり 噛み砕くor不意打ち

陽気最速なのはミラー意識で、先にけたぐりたかったから
噛み砕くだとクレセやギルガルドに撃てるためこちらを主に使っていたが、もちろん不意打ちでも強い
グロパンでないのは迅速にヒードランやガルーラを処理したかったため
他に説明することは特にないと思う

ニンフィア
ニンフィア・フェアリースキン @精霊プレート
控え目 実数値H193 C176 S88 あまりB
ハイパーボイス 破壊光線 手助け 守る

ミラー意識でゴチルゼルを抜かせるくらいまでSを振った
運用は変わらず



水ロトム
Wロトム・浮遊 @ゴツゴツメット
穏やか 157-*-138-128-160-107
ハイドロポンプ ボルトチェンジ 鬼火 光の壁

PTの穴埋めのため最後に入ってきた洗濯機
アローに後出しできて、避雷針のポケモンに打点があって、ヒードランに強く、ギルガルドも相手できて、雨滅びに強いポケモンを探していたらこのポケモンに行き着きました
リザードンのソラビを耐えるまでDに振って、残りをB(A177メガガルーラの捨身耐え)に振りました
ドロポンは確定でサイクルを回すため、滅びの後に逃げるため10万ボルトでなくボルチェンにしました
猫だましの回数や威嚇撒き、有利対面を作ることができるのでトリプルはサイクルは回せるならどんどん回しましょう
鬼火はガルーラやキリキザンをはじめとする物理アタッカーに撃つだけでなく、安定行動としてギルガルドの守るに合わせて撃って体力を削っていきます
光の壁は主にヒードランやブルンゲル、ニンフィア、ゲンガーからのダメージを防ぐためで撃つ場面はかなり多かったです
ただ、よこどりには注意しましょう
オボンでもいいですが、猫だましをやたら撃たれるのとグロパンを積んだガルーラをアローのブレバなどの圏内に入れるためにもゴツメにしました
また、アローに後出しすることが多いのでアローを過労死させるためにも一役かっているのと、反動ダメージ+ゴツメ+ボルチェンでやっとアローを落とせます
ロトムの場持ちをよくするよりスピーディーに相手を削って仲間の圏内に入れます

他は上記のものと同じです



〈総括〉

PTとしてはとても使いやすかったです

PCLは他大学との交流もでき、とても楽しかったです
最終試合が終わった後はみんなでピザ会をしたりもしました
来年もがんばってね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事上げお疲れ様。

普段は見かけないようなトリプルならではの技やギミックは面白いね。
横取りの優先度なんかは知らない人も多いんじゃないかな?
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR