スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WenTのパーティ公開(6on3ミニ大会編)

こんばんは、先日の6on3ミニ大会で準優勝に終わったWenTです。

さっそくですが大会で使用したパーティーを紹介していこうと思います。

続きを読むからどうぞ。

コンセプトとしては昆布と砂掻きムーランドがやりたかっただけのパーティです(笑)
また、気が付いたら600族・準伝説が入っていませんでした。

①エンペルト@残飯 特性:激流 性格:おだやか 努力値:H252 B72 D184
 技:波乗り、あくび、ほえる、ステルスロック

 ステロ撒いて昆布するエンペです。カバとの相性はなかなか良かったです。基本的にステロを撒いて
あくびを連打。眠った相手には吠えます。調整はどこを意識したか覚えてないです(笑) 変えるところがあると
すれば波乗りを冷凍ビームに変えるくらいですかね。竜を強く意識するなら。でも今回は波乗りで特に不便はなかったです。なお、熱湯だと火傷されるとあくびが効かなくなるので、波乗りにしました。


②カバルドン@ゴツメ 特性:砂起こし 性格:わんぱく 努力値:HB252 D6
 技:地震、氷のキバ、あくび、なまける

 砂起こし、物理受け要因です。その硬さで物理格闘やハッサムなどを数値で受けます。思った以上に硬く、使ってる側としてもびっくりする場面が何度かありました。物理接触しかない相手は怠ける連打で勝てます。おだやかエンペとも好相性でした。技構成については、あくびとほえるが選択といった感じですかね。攻撃技は地震ともう一つ何か欲しいので。今回はカイリューやガブリアスへの打点となる氷のキバを採用しました。


③ムーランド@命の珠 特性:砂掻き 性格:いじっぱり 努力値:A252 S調整 残りH
 技:かたきうち、とっておき

 砂エース…のはずだったのですが、選出回数は1回(笑) 相手に鋼やゴーストがいるとお留守番確定になっちゃうのが難点でした。ただ、砂やステロで削った後の一致140連打の火力は結構馬鹿にできません。
唯一選出した対ミヤビ戦ではエースらしい活躍をしてくれました。ちなみにSの調整先は、砂下で最速スカーフガブリアス抜き(実数値127)です。ノーマルの一貫性には注意しましょうね。


④ロズレイド@草ジュエル 特性:自然回復 性格:ひかえめ 努力値:H60 B12 C200 S236
 技:リーフストーム、ヘドロ爆弾、ウェザーボール、眠り粉

 洗濯機やランターンがキツかったのと、ウェザ岩がやりたくて採用しました。あと、ガッサもこの子に任せてました。草技を受けにくる炎、飛行、虫にウェザ岩がぶっ刺さります。どうしようもない相手には眠り粉、生半可な耐久なら吹っ飛ぶジュエルリフストと、思った以上に強かったです。この子が真のエースだったのかもしれない。調整については、耐久がHを16n-1にしつつ、いじっぱりマンムーの礫耐え、Sが準速ロトム抜き抜きです。Sぶっぱすれば最速ドランが抜けますが、有効打がないので若干削りました。ちなみに、A200ハッサムの鉢巻バレパン喰らうと50%で落ちてしまいます(笑)


⑤チルタリス@スカーフ(NN:33-4) 特性:ノーてんき 性格:ひかえめ 努力値:H4 B68 C252 S184
 技:りゅうせいぐん、大文字、冷凍ビーム、ほろびのうた

 なんでや!チルタリス関係ないやろ!
 天候メタとして入れました。雨下でグドラに上から流星群、砂下でドリュに上から大文字、砂ガブに上から
冷凍ビームを撃つことができます。Sはスカーフで最速115族抜き、Bはいじっぱりドリュの珠雪崩確定耐えです。火力については、特化しないとH4振りガブが冷ビで確1になりません。また、ドリュウズに対しては大文字が特化しても確2です。火炎放射でも確2なので命中が気になる方はそちらでも。臆病にすると火力不足が目立ちます。ラス1枠には面倒な耐久相手用にほろびのうたを入れましたが、ガッサが辛いので寝言でもよかったかなあと。
ちなみに唯一選出機会がありませんでした。出してみんなの反応が見たかったですね(笑)


⑥ズルズキン@拘り鉢巻 特性:威嚇 性格:いじっぱり 努力値:A252 S調整 残りH
 技:とびひざげり、かみくだく、冷凍パンチ、諸刃の頭突き

 格闘枠、あと鋼やゴーストを呼ばなくなるかなと思って採用しました。威嚇によって繰り出し性能を補佐しています。「積んでないズキンの火力なんて怖くないわ」と舐めてる相手に予想外のダメージを与えます。まず鉢巻持ってるなんて読まれない。ただ、悪と格闘を一致で打ち分けられるのがズキンの強さだとも思うので、少しピーキーな性能かと思います。諸刃の部分はドレパンに変えてもいいかもしれません。膝蹴り打ちたくないときの安定手になるので。Sは少し振って4振りバンギ抜きです。


<大会を振り返って>
 決勝まで上がったのに一番驚いているのは俺自身です。やりたいことをやろうと考えて組んだパーティだったので穴だらけだったし。ガッサとか色々重い…。決勝戦を見ていて「このパーティでよく決勝まで来たな」と思った人も結構いるはず。
 でも、ガチポケで固めなくても、600・準伝に頼らなくても勝てるときは勝てるということが少しは証明されたのではないでしょうか。ポケモンは種族値ゲーじゃありません。今回は選出ミスや読みミスはあまりなかった気がします。そこが勝ち上がった要因かなあと。やりたいことをやって、なおかつ勝つというのは理想の形ですよね。難しいですが。
 
 決勝戦については自分の実力不足もありましたが、正直パーティ相性が悪すぎました。初手の読み間違いが許されない、読みミスも1回したら終わりくらいにキツい戦いでした。2ターン目に「こちらが引く読み相手の交換」読みヘド爆が撃てていたならほぼ勝ちだったっぽいのですが、俺にはあそこでヘド爆を撃つ勇気、実力はありませんでした。実際に「交換読み交換」を決められちゃったので相手が一枚上手でした。なので悔いはないです。

 大会はとても楽しかったです。これ大事。初めての大会参加だった1年生の皆さんは楽しめたでしょうか?
楽しいことも重要ですが、大会に参加するからにはやっぱり勝ちたいですよね。来月には大きな大会があるので、
今回悔しい思いをした皆さんは次回大会にその思いをぶつけましょう。俺も次回こそはパーティに自分の色を出しつつ優勝を狙っていきたいと思います。

以上です。ここまで長文を読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

準優勝おめでとうございます。
やはりポケモンは種族値だけではありませんよね。
(バイバニラさんは種族値だけが全てではないことを教えてくれる素晴らしいポケモンです)

自分も悔しい思いをしたので次の大会は頑張りたいと思ってます。

No title

いいね^^

No title

準優勝おめ~~└('ω')┘
決勝戦は激熱だったね~!
単純に高種族値でかためただけだと勝てないよね
大事なのは構築だな!
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。