スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うめぽんの第8回大会PT公開

こんにちは。便乗して何が悪い(キリッ。誰も悪いなんて言ってませんがね。


今大会では予選Gリーグ2位でしたが2勝2敗で勝ち数が足りず、じゃんけん大会に参加できず(´・ω・`)ショボーンとしていたウメポンです。
先輩の壁は大きいですね。4年生の貫録を感じました。


さて、それはともかくパーティ晒していきます。
引いた世代は1,2,2,3,4,4,4,4でした。5世代とはいったい…うごごご…
稚拙な構築ですので、公開処刑になりそうです…。




2世代
エアームド@飛行のジュエル <がんじょう>
ブレイブバード/アイアンヘッド/追い風/ステルスロック

171-145-160-×-90-92 いじっぱり
先発での選出です。エアームドといえば物理受けや昆布といった戦術が浮かぶと思われますが、ほぼHAの突撃思考のエアームドを育成しました。燕返しではなくブレイブバードにしてあるのは燕返しでは火力が足りていないためです。具体的にはH4振りラティオスをジュエルブレバで中乱数1発で落とせる火力です。もちろんステロ追い風といったサポート技も積んであるのでサポートも可能ではあります(大抵初手で見切りをつけて特攻させましたが。)少なからず意表はつけたのではないでしょうか。
アイアンヘッドは反動無しの攻撃技やマンムーにシュートする技が欲しかったので採用しました。今大会では撃つ機会に恵まれませんでしたが。



2世代
ニョロトノ@水のジュエル <あめふらし>
ハイドロポンプ/冷凍ビーム/めざめるパワー(炎)/滅びの歌

191-×-102-143-128-94 ひかえめ
ゲr…ゲフンゲフン。どこかで見たような努力値配分です。一応天候変化と煽り要因でした。誰にも刺さらなかっためざ炎。どう考えてもめざ草やめざ電が使いやすかったのではないかと思う今日この頃です。ところで、ハイドロポンプの命中80には多くの人間が不信を抱いていることでしょう。事実大会中には結構外していました。どっかの水ポケに役割を持っているせきなんとかさんほどではありませんが。ナニモイウコトハナイ
天候変化要因としては優秀でしたがあまり目立たず。よく落ちます。慣れない雨パを使っているのもあるのでしょうが…。



3世代
ルンパッパ@命の珠 <すいすい>
ドレインパンチ/滝登り/種爆弾/剣の舞

167-117-90-×-120-127 ようき
剣舞物理ルンパッパです。なぜこの発想に至ったのか、コレガワカラナイ。
とは言え、いざ使ってみると相手の受けだしに対して剣の舞を積むことができ、ドレインパンチを積んでいるためそれなりの耐久力もあります。ラッキーやハピナスなど特殊受けに刺さり、使っていて楽しい個体です。スカーフガブリアス抜き調整をしており、そのせいで紙耐久化してしまったのが残念なところではあります。事実、相手のポケモンを数体削って珠ダメで自爆、という流れが大抵でした。オマエノギセイヲムダニハシナイ。
冷凍Pを積んでいないので、大会中にとある物理受けに完全に止められました。お察し。



4世代
エルレイド@ラムの実 <せいぎのこころ>
ドレインパンチ/サイコカッター/冷凍パンチ/ビルドアップ

175-145-116-×-135-112 わんぱく
腕白HBベースビルドレイン型です。4振りロトムを視野にいれてS調整しています。今回のパーティの中では一番のお気に入りです。攻撃範囲が広くまた型が多様であるため相手にきつい択を迫れます。残念だったのは、冷凍パンチが刺さらなかったことでしょうか。素直にリーフブレードにしておけば…というのはありますね。結果論ですが。鬼火や電磁波も魅力的でした。
某鉢巻カバルドンの地震をビルド1積みで割と普通に耐えてしまい試合が終わるまで気づきませんでした(汗)
受けだしがとにかく安定するので、全体を通して繰り出しやすかったです。なんだかんだで一番活躍していました。



4世代
ガブリアス@拘りスカーフ <すながくれ>
げきりん/ダブルチョップ/じしん/だいもんじ

183-195-122-90-105-152 いじっぱり
砂メタかつ600族枠です。当初はユクシーやヒードランなども考察していましたが、パーティに電気の一貫性や砂への脆弱性があったので対策要員として採用。スカーフなのは大体ラティが怖かったからです。当初は先発起用も考えていたのでわずかにBに振っています。これはスカーフマンムーの礫耐え調整です。使っていて思いますが、高火力でかつラティを始めとする高速アタッカーを上からぶん殴れるのは強みですね。この個体に関しては自分の思い通りの役割を持たせられたのでよかったです。無論、自分のプレイングや読みの悪さといったものでやらかした試合もありましたが。
Sはスカーフロトムを意識してこの数値に調整しました。もっとも、ほぼ全振りみたいなものですが。



1世代
ラッキー@進化の輝石 <しぜんかいふく>
地球投げ/カウンター/タマゴうみ/どくどく

325-×-62-×-156-72 ずぶとい
雨ミラーが怖すぎて特殊受けとして採用。BD振り。D振りはグドラを意識したものだったのですが肝心のGリーグにはグドラ使用者どころか雨パすら見られず…。ところで、小さくなるの運ゲに関してですが好みが分かれるので何とも言えませんが、自分としてはあまり好きではなく、相手に積む隙を与えてしまうのは6on3でもそうですが6on6では爆アドを与えてしまうことにもなりかねませんので不採用としました。そこでカウンターを搭載し、半端な火力で殴ってくる物理アタッカーをメタりにいきました。やはり受け性能は段違いであるため投げやすかったです。
挑発乙、拘りトリック乙なのは耐久型や進化前の宿命ですね。はい。見事にやられました。
どうでもいい話ですがこの個体は頂き物なのでNNをつけられませんでした。残念。





後から見返すとナットやらブルンやらWロトムやらがとてつもなく重いですね。
6on6という形式である以上、どこかに穴ができるのは致し方ないとはいえ改善点はいくらでもありそうです。



パーティ晒し…こんな感じでよいのでしょうか><
考察らしい考察でもなく、反省をつらつらと述べているだけのような気もしますが…。
反省にすらなっていないような気もすr(ry




当初は悪戯心リオルで吠えるループパでも使ってやろうかと思いましたが、大会の縛りルールの関係上使いづらかったため育成までしておきながら放置。今後日の目を見ることがあればいいのですが(´・ω・`)
なお、ベンチはリオルとヨノワールでした。振り方は後々使うかもしれませんので非公開にします。
それと大会中エキシビション含め対戦してくださった皆様、楽しかったです。ありがとうございました。



ポケサー民の皆様、今後ともよろしくお願いします。
駄文失礼いたしました。それではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実際ラッキーって隙でか過ぎて6on6じゃ使いづらい感じあるよな

No title

修羅リーグだったしな^^;
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。