第6回大会レポ

 
 
タイトル通り、続きを見るからどうぞ


<使用PT>
ガブリアス(動く)動くバンギ動くグロス色マンダ(動く)ロトム(動く)ブシン(動く)


ガブリアス@光の粉 ダブルチョップ/地震/剣舞/身代わり
実数値:183-182-115-x-106-169
努力値:x-252-x-x-4-252

バンギラス@オボン ステロ/電磁波/大文字/冷凍B
実数値:207-x-131-138-126-93
努力値:252-x-4-180-44-28

メタグロス@拘り鉢巻 コメットP/思念のずつき/バレットP/追い打ち
実数値:187-177-151-x-135-92
努力値:252-44-4-x-196-12

ボーマンダ@拘り眼鏡 流星群/めざ飛/大文字/ハイドロポンプ
実数値:168-x-100-177-100-152
努力値:x-x-x-248-x-252

Wロトム@残飯 10万/ハイドロポンプ/めざ氷/電磁波
実数値:157-x-139-125-161-107
努力値:252-x-96-x-156-4

ローブシン@黒帯 ドレインP/マッハP/しっぺ返し/ビルドアップ
実数値:181-192-115-x-128-65
努力値:4-252-x-x-252-x


分かる人は一目でわかる、グライオンが非常に重いPT
グライオンの処理は基本的にガブに任せる
どうしようもない時はロトムで身代わり壊して次につなげる形になる

<PT構築まで>
マンダとグロスが使いたい→この2匹じゃ雨が重いのでバンギを入れる
最悪、最後まで勝ち筋を残すためにガブリアス
上の4体でも雨を見切れてないからD方面に厚く振った残飯ロトム
最後に相手のドリュウズの処理を任せるためにローブシンが入る


<PT解説と反省等>
基本的にはマンダのめざ飛や流星群、グロスのコメットでダメージを稼ぎアドバンテージを取りつつ
最終的にはガブリアスで避けて勝つPT
誰に誰にどのポケモンを任せるかは、バンギとガブ以外は決まっているので使い方自体は簡単
ただし、マンダがステロ2倍のために慎重に時には大胆に扱わなければならないのが欠点
(しかしながら、ハピナスがいない限りマンダの圧力は相手にとっては厄介なので、そこを逆に取ったプレイングも可能なのが楽しいところ)
また、毒びしの対策は全くしていないため、相手に毒びしを撒かれる前にガブリアスを展開していきたい

そして実戦では、ガブリアスは避けませんでした
さらには、麻痺っていたバシャーモに4連続で飛び膝蹴りを当てられる始末

今後私が身代わり粉ガブを使うことはおそらくないと思います

また、今回の結果としては4勝2敗でしたが
2敗のうち1敗は99%勝ち試合を、1つのプレミ(早とちり)で勝ちを失い、1位を取れていたはずが4位転落という始末
まぁそれだけ大将戦も激戦区だということなんだけども・・・。
4勝のうち2勝は相手側のプレミに助けられた部分もあり、おそらくは6on6の経験がこちらの方が多かったということだろうと考えられるので、第8回大会(次の次)ではますます気が抜けないものとなるでしょう。


<終わりに>
新入生がサークルに入り、人数も増えたことはよいことです
しかしながら、皆さん、特に1年生!マルチばっかりしていませんか!?
BWになって、公式からすらも見捨てられた6on6ですが………
50フラットでの6on6はサークルでしかできないんですよ!?
「やったことないし、6on3やれる人いるしいーや」ではなく、味わったことのない未知の経験をしようと思いませんか?

その他にも、サークルに来て育成しかしていないというような人も見かけます。
ポケモンをやる時間を作るためにサークルに入ったという方ならば、仕方ないとしか言えませんが
サークル活動に本格的に参加するようになってから、1カ月が経つんです。
そろそろ対戦してみませんか?

誰だって最初は弱いです
負けて悔しい、だから色々覚えたり聞いたりして次のポケモンを育てて、また対戦をする。
そうやって日々トレーナーは成長していくんです。

つまり私が何を言いたいのかと言えば、マルチばっかしてないでもっとポケモンを楽しみましょうってことです。
マルチでワイワイしながらやるのもいいですが、真剣勝負の緊張感を味わうってのもポケモンの醍醐味ですよ。

とはいえ、この記事を見たからって6on6をやることを強制するわけではないし
マルチやってるのが一番楽しいなら、それはそれで。私は何も言えませんし言いません
それでも、マルチ以外にもサークルでしかできないことがあることを、記憶の片隅にでもいいので覚えていて欲しいですね。
もし、この記事を見て何か感じた方がいるなら……! 
次回のサークル以降、私はあなたとの対戦を心待ちにしています。
あと、対戦はまだできないけど6on6に興味がある人も、言ってくれれば他の人との対戦を見せたりもするので気軽に相談なり話しかけてください。



以上黒猫でした
(実は大会レポよりも書きたかったのは終わりにの方だったり)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まぁやっぱり一年生から動くのは難しいよね
二年生が積極的にアプローチ仕掛けないと…

一年生へのアドバイスとしては
とし…、大仏、こまち、タッツン、wentあたりの舐めてるーズが
生意気だし、ちょろいし、ちょろいし、何より雑魚いので練習相手としては最適だと思うよ
今度マルチやるときは潤さんと一緒に潰しに行こうぜ


まぁまずは勇気をもって話しかけてみれば、
先輩はみんな優しく対応してくれると思うから


あとは黒猫の言うとおり
せっかくポケモン好き集まってるんだし対戦しよう!

No title

念ずれば通じます。ガブが避けなかったのは、黒猫さんの想いが弱かったからですよ!

No title

実際、俺がこのサークルに入ったときは3値すら知らない状態で入った。しかし今では大会でそこそこの成績を残していると思っている。

わからなければ自分で調べたり、それこそ対戦考察のポケモンをそのままパクってもいいだろう。

1年生には難しいだろうが、頑張って先輩に話しかけてみたり対戦してみたりしてほしい。一瞬は大変だろうが、その後は楽になるから。そして、その経験がきっと役に立つ時があるだろうから。


P.S. 柄にもなくこんなこと書いてしまったが大丈夫かなぁ・・・
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR