スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティ公開 全国ダブル64

ダブル勢(笑)のアサハラです。

はい、皆さん強いですねー(棒読み)なんだこれは、たまげたなぁ。見事にダブル予選敗退が確定しました。これで勉強に専念が出来る可能性が微粒子レベルで存在する・・・・!?

会誌執筆とかの兼ね合いも考えて(←この時点で勉強する気が余り無い)取り合えず早めにパーティ晒そうと思います。



















ポケモン性別とくせい
わ   ざ
もちもの
ラティオス
ふゆうりゅうせいぐんサイコショックめざめるパワー(地面)まもるいのちのたま
メタグロス
-
クリアボディコメットパンチバレットパンチじしんまもるラムのみ
ゴウカザル
もうかインファイトオーバーヒートねこだましまもるきあいのタスキ
ギャラドス
いかくたきのぼりじしんでんじはほえるソクノのみ
バンギラス
すなおこしいわなだれかみくだくけたぐりまもるヨプのみ
ナットレイ
てつのトゲパワーウィップでんじはやどりぎのタネまもるたべのこし


ブログでHTMLタグ使ったの初めてです・・・・。上手く表示されてるかな?

個別解説。

・ラティオス 155-*-101-182-130-178
めざめるパワーと見方のメタグロスの地震で相手の少し削れたメタグロスを倒せたり。麻痺したラティオス相手に流星群を外すのは多分仕様ですので皆さんは龍の波動を使いましょう。ジュエルは置物になりやすいので却下。ゴウカザルと共に初手で出るのが基本的な選出のひとつだが、今回は殆どが後発での選出だった。

・メタグロス 187-176-151-*-133-95
今回の出番は特になし。ラティオスとの縦・横の相性は言うまでも無く、パーティの相性補完などの問題から自然と入ってくるポケモン。雨パには選出しないが、ここまで耐久に割いたのはボーマンダ相手にも強気に動けるため。Aは珠ダメ込みでラティオスをコメバレで倒せる最低限のライン。ラムは気休め程度のドーブル対策。コメバレでとっとと殺してしまおう。ドーブルの相方が珠ゴウカザルだと厳しいが今作の眠りターンを考慮すれば意外と何とかなる。

・ゴウカザル 151-156-81-124-92-176
十中八九先発での起用がなされる。ねこだましでのコンボ妨害が主な仕事。トリックルーム相手にはギャラドスと共に初手で選出して、相手の猫騙しorこの指役に猫騙しを入れつつ、ギャラドスの吠えるでトリックルームを妨害する。ゴウカザルは他の猫騙しorこの指もちよりも早いので、これらの技の優先度が同じ3になった今作では素早い猫騙し持ちであるメリットが大きい。この辺が流行っているらしいカポエラーとかとの明確な差である。あとはバンギやメタグロスを殴ったり、対あられに強かったり。タスキである理由は行動機会の確保で格闘技の通りのよさから雨パに対しても選出できる。珠はオーバーヒートで大抵のメタグロスを落とせるものの、猫騙しを入れた直後に死ぬことも多いので却下。

・ギャラドス 191-161-100-*-128-125
配分はラティのジュエル流星耐えで素早さは最速バンギ抜き。守るを切っているので即死防止の意味でソクノ。地震をもってる理由はトリトドン入りのバンギドリュウズやドクロッグ入りの雨パを意識したため。吠えるの優先度がトリックルームより高いことを利用してトリルを妨害することが可能。また、威嚇があるためラティオスが変な奴のジュエル不意打ちの前でも強気に動けるのも利点。このパーティの肝で、先発・後発問わず出場機会が多い。第五世代当初はトリトドンの強化や水タイプを得たロトムの登場などからオワコン呼ばわりされた時期もあったが、今作も相変わらずの安定感。強いて言えばアクロバット覚えろ(

・バンギラス 207-184-133-*-121-97
対ラティ・サンダー・シャンデラや天候変化などで活躍。第四世代のカビゴンに近い立ち位置。ギャラやナットレイで電磁波を巻いて岩雪崩で攻めるという立ち回りも可能。素早さは最近流行の準速バンギらとのチキンレースは回避しつつ標準的なメタグロスよりは早い程度。耐久面はメタグロスのコメットパンチやヨプ込みでゴウカザルのインファイトを耐える。

・ナットレイ 181-118-160-*-166-46
主に対雨枠だが、宿り木や電磁波巻きなどの役割からスタン同士での選出機会も少なからずある。トリトドンを対雨枠として使わなかったのはお荷物になりやすいから。耐久はテラキオンのインファイトやローブシンのアームハンマーを耐える物理耐久、キングドラの雨眼鏡ハイドロやラティの珠めざ炎を耐える特殊耐久を確保して、副産物としてダブルダメージのユキノオーの吹雪3耐えなどもある。ズルズキンのドレインパンチ急所には要注意。素早さは麻痺込みで115族まで抜ける程度に振ってある。割と誤解されやすいが、素早さの低さからトリックルームに強いと思われがちだが、ローブシンをはじめとしたトリルのアタッカーに弱いことが多くて信用は出来ない。ドサイドンにはある程度強いが・・・・。そこで、ナットレイは対トリルとしては考えず、前述の猫騙し+吠えるのギミックでトリックルームの妨害をトリックルームの対策としている。


見てのとおり猿ラティ構築のスタンパ。元は第四世代のエンドースタンを改良したつもりのクレセ入りのスタンパだったが、対雨やスタンミラーを意識した結果この様なパーティになった。どちらが先に組んだかは分からないが、あおスタンという6匹被りのパーティが存在するとか。

大部分のパーティに五分以上で戦えるが、スイッチトリパなどは若干苦手かもしれない。

レートでの戦歴は中々で、目安としては勝率9割くらいで楽に1800代に乗せることが出来る。ただし大会で使うと技が外れたり急所を貰ったりという事故が有るので勝ち抜けることは保証出来ない。というか予選落ちしたしw


ダブルを始めてみたいという人は参考にしてもらえると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title


ムズカシイコトハワカラナ~~~~イorz



というか
クレイジーどんまい!wwwww
勉強に集中だ!!!wwwwwww
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。