スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【XYリーグ】ショウタ シーズン11結果報告

こんにちは、ショウタです。

最近このブログに記事載っけるの僕だけですね。
広告も出ているのでそれの消去がてら。
みんなポケモンやっているのだろうか…
僕は卒業研究で厳選する暇が無いのでORASではなく、XYに未だにいます。
早く移行したいですね。

XYリーグでも教え技、夢特性、一部メガ進化が解禁したためちょっとだけ環境の変化があってそれなりに楽しいです。
今回は1ページ目を目標にして、その目標を達成できたので記事にしました。
詳細は下に。

続きを読む

スポンサーサイト

クリスマスなので

どーもショウタです。
そろそろクリスマスですね。
イヴにはぴっちーが企画してくれた大会がありますね。楽しみです。

KPが気になるところですがみなさんクリスマスですよ。
クリスマスと言ったらあのポケモンがチラつきますね。
そう!「デリバード」です。
みんなにデリバードを使って貰うために今回はデリバードの育成論を書きたいと思います。

続きを読む

【広告対策】皆様、単位は大丈夫?

ポケサー民の4倍弱点ともいえる「学業」

3年の前期で三度目の正直でようやく中国語の単位(優)を取れた猛者が居たと思ったら、1年次に中国語の単位を取れず2年前期、後期ともに申し込み期限が過ぎていて履修すら出来なかった猛者が現れ、さらには1年の初っ端から4単位しか取れなかったという同時期に9(?)単位しか取れなかったどこぞの某元会長もびっくりなどこかのテープ君などよりどりみどりの我がサークル。

彼らは無事に卒業までありつけるのか・・・。

ポケモンの片手間に気分転換で勉強なんかも悪くないかもしれないですね!

絶対優勝宣言@ガピュア

宣誓!
ガピュアは第五回大会6on6部門において全勝無敗で優勝することを誓います!
ガピュアは第五回大会6on6部門において調子にのっている1、2年生を確実に潰し、二度と這い上がってこれなくすることを誓います!
平成23年10月28日 ガピュア


今大会はブロックが結構細かく分かれるかもしれないようですね
フレンドマッチ?
はっは
そんなの知らん
大会はもちろん優勝する
大会で戦えなかった奴らは個人的に潰す
フレンドバトルなんていうお気楽さなんか今回は持たない
全員の口から「部長やっぱ強いっす」と吐かせましょう
はっは



ん?
パーティ?
はっは
しょうーーーーーがないなぁぁぁぁぁ
どうせガピュアの優勝だから少しだけガピュアのパーティがどんな感じか公開しよっかな


1、「絶対に誰にもマネできないパーティおよび型および技構成およびすべて」
2、「この戦法をあみだし、それを実際に使用しているのはおそらく世界中でガピュア一人」
3、「度胆抜くと思うから、胆抜かれないように気をつけろ」
4、「ハッタリ半分、マジ半分」


対策?
おいおい
あんまり笑わせんなよ
はっは
片腹痛し

世界中でガピュアが初なんだよ?
対策なんか存在するわけねーだろ
誰も予想できないんだから
対策なんて立てようもねーだろ
はっは
片腹痛し

まっ
ガピュアは第2世代引いたので
トノグドラの対策でもしておけばいんじゃないですかね?
はっは






こいよ
おらぁ

復権!エアームド

DP以降はほぼ死語と化した感はありますが、金銀やGBAを少しでもかじったことのある人にとって「物理受け」という言葉は少なからず馴染みがあることでしょう。では「物理受け」といって真っ先に思い浮かぶポケモンはと言えばやはり「エアームド」ですね!


n227.gif



物理技か特殊かがタイプに依存していた当時は、鋼と飛行を併せ持つエアームドは物理技に対して弱点を持たず、それどころか岩と格闘以外全ての物理技に耐性を持つというトンデモ性能。種族値の方もHが少ないのが物足りないとは言えBは文句なしの140。当時はインファイトやストーンエッジは存在せず、多くの格闘ポケモンが瓦割り、岩ポケモンは岩雪崩で頑張っていた時代。物理技でエアームドを突破するのは至難の業でした。

初登場後しばらくたった頃にカビガラに強いポケモンとして注目され、GBAでは自力でまきびしを習得して単体での昆布戦術が可能になってもう大変。当時の物理ポケモンが所有していた大文字は殆どがエアームドを突破するためのものでした。

そんなエアームドも羽休めの習得などを差し引いてもDPでの仕様変更やインフレにはついていけず、徐々にマイナー化していきました。

既に過去のポケモンと言う印象が強くなったBW時代での、世代をまたいでの突如の復権には少々驚きです。ラキグライなどの受けループ系のパーティ等で採用され始めて徐々に数を増やし、遂にはとあるオフ会でエアームドを使用した優勝者が現れたそうです。「バンギラス」+「エアームド」で流星群と逆鱗をそれぞれ受け止めるという従来の鋼でドラゴン技を止めるという発想とは少し異なった構築だそうです。

今作のエアームドの面白いのは、主な攻撃手段が「ゴツゴツメット」による接触ダメージというところでしょう。ガブリアスやメタグロスなどに対しては安定したダメージソースになって、自身の決定力不足を補う感じです。

また、鈍い持ちのエアームドという古典的なエアームドも姿を見せているそうで、ドリュウズなどにさらに強くなるそうです。砂パに強いのがエアームドの偉いところかもしれませんね。ただし、最近になってガブリの炎技の搭載率が若干上がっている模様。種族値が低い中、どこまで現環境で通用するのか。

BWは意外なポケモンが活躍したりすることが多くて、中々興味深いです。

そのうち砂パに無道メタでジバコイルが入るということも無くは無いかもしれません。昔、某wikiの砂パの項目を見たら砂パの特殊アタッカーはジバコイル的な事が書かれていて吹いた記憶があるのですが、この状況を先取りしていたのかもしれませんね! 実際は砂ダメを受けなくて特攻の数値が高いだけでそういう扱いになってたんだろうけど・・・。

今後も以外なキャラの復権や、見向きもされなかったポケモンが日の目を見るかもしれません。非常に楽しみです。

某所の住民のように○○が活躍できないのはゲームバランスが悪いからだとか、■■が強すぎるから弱体化しろ云々文句言う前に、そのポケモンを生かせるパーティを考えたり、発掘したりするべきではないでしょうか。今作は発掘できる要素が非常に多いと思います。

ということでピジョットがKP一位になるようなアッと驚く構築を発明してきます。はい・・・冗談です・・・(涙)
プロフィール

弘前大学ポケモンサークル

Author:弘前大学ポケモンサークル
FC2ブログへようこそ!

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。